› BLDC blog › music♪

2019年10月03日

Bittersweet

お店の音楽についてブログ書くの、
ホントに久しぶりです。

以前紹介させていただいたピアニスト
Emi Sakaiの2ndアルバムがリリースされました♪



1stアルバム「Like a Bird」から3年と9ヶ月を経て
リリースされた「Bittersweet」♪
前作より少し憂いある、なのに明るいメロディ。
変わらず透明感のあるメロディは健在です。

癒やされるピアノソロ、これからの季節にはピッタリです。

今月は、この「Bittersweet」と1stアルバムの「Like a Bird」
それに2ndシングルの「パリのねこ」も加えて
スパ音楽としてヘビーローテーションです(^^)


Emi Sakaiについてはこちらへ。

iTunesで配信もされています(^^)v
  

Posted by bldc at 15:07Comments(0)music♪

2018年12月06日

X'mas

今年のクリスマスリース、飾りました♪



今年はフレッシュリースです♪ 
自然の良い香りがします~。
乾燥しないように気をつけないといけませんが、
ナチュラル感があって素敵です(^^)



今月のお店のアルバムはボサノヴァ系アルバムに加え、
STYLISTICSの「STYLISTICS CHRISTMAS」
STINGの「IF ON A WINTER'S NIGHT...」をチョイスしてます♪






  

Posted by bldc at 15:25Comments(0)music♪

2018年08月05日

8月のCDです♪

またしても7月のCDを紹介しそびれましたが、
先月は「surf」をテーマにしたアルバムを集めていました^^;

さて、今月は・・・
シンガーソングライターアーティストです♪



・John Gorka(ジョン・ゴーカ)
・Lucy Kaplansky(ルーシー・カプランスキー)
・Passenger(パッセンジャー)
・Sara Bareilles(サラ・バレリス )
・The Weepies(ウィーピーズ)
・Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)

とても耳に心地良いアルバムです、どれも。

少しでも暑さが和らげばいいなぁと思います。



  

Posted by bldc at 15:31Comments(0)music♪

2018年06月14日

6月のCDです♪

アルバム紹介が久しぶりになってしまいました^^;
もちろん4月も5月もなかなか良いチョイスだったのですが、
紹介ブログを書く時間がなくて・・・スミマセン(汗)

さて、6月のアルバムですが
今月は梅雨空を少しでも忘れさせてくれるような
爽やかなボサノバ系アルバムをチョイスしました!



カエターノ・ヴェローゾやナラレオン、
そしてボクが好きなアーティストですが
セルソ・フォンセカのニューアルバム「Turning Point」、
リオ・デ・ジャネイロ出身のロザリア・デ・ソーザやシコ・ブアルキ、
それとブラジル出身の女性歌手でカエターノ・ヴェローゾの妹である
マリア・ベターニアの「Que Falta Você Me Faz」はかなりカッコよいです。
あとはPOPな1曲ノア・サイラス & MAXのTeamをバージョン違いで、
ノーマン・ブラウンのWhat's Going On、マーヴィン・ゲイのカバーを。

最近、AppleMusicを利用しているので
逆にアルバム選ぶのが難しくて^^;
ありとあらゆるジャンルの音楽が聴けてしまうので(笑)


  

Posted by bldc at 14:19Comments(0)music♪

2018年03月07日

3月のCDです♪

3月のアルバムは、オール女性ジャズヴォーカリストです。
全体的に名曲をジャズアレンジしたカヴァーが多いです。
それだけにとても聴きやすい選曲になっていると思いますよ~♪




・Karen Souza(カレン・ソウサ)
「ESSENTIALS」
「ESSENNTIALS VOL.2」
「VELVET VAULT」

アルゼンチン、ブエノスアイレス出身のジャズ・シンガー。
ハスキーボイスな歌声で、ジャンルや時代を超えた名曲を
ジャズっぽくカヴァーしています。もちろんオリジナル曲も。

・Halie Loren(ヘイリー・ローレン)
「THE BEST COLLECTION」
「BUTTERFLY BLUE」

アラスカ出身のジャズ・シンガー。ダイアナ・クラールに深く影響を受けた人。
こちらも名曲をジャズっぽくカヴァーしています。ELLIE MY LOVEも♪

・Hilary Kole(ヒラリー・コール)
「Moments Like This」

ニューヨーク出身のジャズ・シンガー。
スタンダードナンバーを歌い上げたアルバムです。

・Alyssa Graham(アリッサ・グラハム)
「Echo」

米ニュージャージー出身のジャズシンガー。
こちらもポール・サイモンのカヴァーが入っています♪




  

Posted by bldc at 17:01Comments(0)music♪

2018年02月15日

2月のCDです♪

今月のアルバム、ちょっと色々迷ってしまって苦労しました^^;
というのも、今月のBRUTUSが山下達郎のサンデーソングブック特集で
その中で達郎が「最高の音楽の出会い方」ということでたくさんの曲を
紹介しています。




できる限りピックアップして聴いてみた中で、
今回はキャロル・キングとジェイムス・テイラーにスポットを当ててみました♪




・Carole King(キャロル・キング)
「Music」
「Tapestry」
いずれも1971年のアルバムです。
「The Legendary Demos」
2012のアルバムです。

・The City(ザ・シティ)
「Now That Everything's Been Said」
キャロル・キングが大ブレイクする前に組んでいたバンド。

・James Taylor(ジェイムス・テイラー)
「Mud Slide Slim and the Blue Horizon」
1971年のアルバムです。 
「Dad Loves His Work」
1981年のアルバムです。

・Carole King & James Taylor(キャロルキング&ジェイムス・テイラー)
「Live At the Troubadour」
You've Got a Friendという曲で繋がっている二人。
その二人がライブ活動の拠点していた場所がトルバドール。
キャロル・キングのピアノ、ジェームス・テイラーのギターで歌う
You've Got a Friendが収録されたアルバムです。




  

Posted by bldc at 10:58Comments(0)music♪

2018年01月12日

1月のCDです♪

遅くなってしまいましたが1月のアルバムです。
新年ということで、美しい音色、歌声、
心地の良い音楽を集めてみました♪




・Ed Sheeran(エド・シーラン)
「Loose Change」
エド・シーランの 2010年のアルバム。
それと÷(ディバイド)に収録されているPerfectの新バージョン、
Perfect Symphony。イタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリと
コラボした1曲です。

Eva Cassidy(エヴァ・キャシディ)
「Acoustic」
アメリカの歌手で、若くして亡くなっていますが
没後じわじわと反響があり、知られるようになりました。
ギター奏者でもあり、歌声もギターの音色も美しいです。

・noon(ヌーン)
「Songbook 」
大阪出身のソロジャズシンガー。
人気ポピュラー・ナンバーのカバー集になってます。

・Sam Smith(サム・スミス)
「The Thrill of It All」
サム・スミスのセカンドアルバム。
ホントにきれいな歌声ですよね。
前回のアルバムよりもさらにしっとりと聴けます。

・Emi Sakai
「みかんに降る雪」
以前紹介させて頂きましたが、
Emi Sakaiはピアニストで・・・ボクの友人であります。
彼女のニューシングルがリリースされたので、こちらもぜひ♪
スパの時もどうぞ!






  

Posted by bldc at 11:40Comments(0)music♪

2017年12月07日

12月のCDです♪

12月のアルバムです♪
なんとなくメロディに12月の雰囲気を漂わせた、
そんなイメージのあるアルバムを5枚選んでみました(^^)
ジャズ&ボサノヴァ、そしてオールディーズ。



・Diana Krall(ダイアナ・クラール)
「All For You: A Dedication To the Nat King Cole Trio」
1996年のアルバム。
「When I Look In Your Eyes」
1999年のアルバム。

・Celso fonseca(セルソ・フォンセカ)
「Rive Gauche Rio」
2005年のアルバム。
「Polaroides」
2006年、
Celso Fonseca&Ronaldo Bastos
(セルソ・フォンセカ&ホナルド・バストス)の
コラボアルバム。

・Boyz II Men(ボーイズⅡメン)
「Under the Streetlight」
ソウルの名曲のカバーアルバム。



  

Posted by bldc at 15:55Comments(0)music♪

2017年11月01日

11月のCDです♪

早いもので、もう11月です。

11月のCDはジャズ&ソウルをそれぞれ2枚ずつ。



・Stacey Kent(ステイシー・ケント)
「I Know I Dream:
The Orchestral Sessions (Deluxe Version)」
アントニオ・カルロス・ジョビンや
セルジュ・ゲンスブールなどの名曲をオーケストラを
バックに歌うニューアルバムです。
日本の新幹線をテーマにした「Bullet Train(新幹線)」は
今年のノーベル文学賞に選ばれたカズオ・イシグロが
歌詞を手掛けた書下ろしの最新曲なんですよ~。
「The Changing Lights」もカズオ・イシグロの歌詞。

・Jacob Collier(ジェイコブ・コリアー)
「Pure Imagination
-the hit covers collection-」
歌も演奏もすべて自分でやってしまう、山下達郎のような(笑)アーティスト。
そのパフォーマンスをYouTubeで配信して一躍有名に。
容姿と歌声、すごくギャップがあるのも面白いです。素晴らしいアルバムです。

・AL GREEN(アル・グリーン)
「Let's Stay Together」
マービン・ゲイと並ぶソウルの大御所ですね。
ソウルアルバムの代表的な1枚です。

・sade(シャーデー)
「Lovers Rock」
Sade Adu(シャーデー・アデュ)率いる
イギリスのバンド、sadeの2000年のアルバムです。



  

Posted by bldc at 12:32Comments(0)music♪

2017年10月05日

10月のCDです♪

10月のCDです♪

今月はAORっぽいジャズ・・・
いや、ジャズ系っぽいAORを集めてみました♪
ジャズ系AORと言えばニック・デカロを思い浮かべますが
今回はマイケル・フランクスの代表的なアルバム2枚を。
そしてマイケル・フランクスを彷彿とさせる
ドイツ出身のトランペッター、ティル・ブレナー。
マットビアンコのニューアルバム(テーマはJAZZ)。
それと山下達郎のニューシングルから2曲チョイスしました。
全体的にちょっとメローな雰囲気の選曲になっています♪




Michael Franks(マイケル・フランクス)
「The Art of Tea」
「Rendevous In Rio」

Till Bronner(ティル・ブレナー)
「That Summer (Bonus Track Version)」

Matt Bianco(マット・ビアンコ)
「GRAVITY」

Tatsuro Yamashita
「REBORN (Harmonica Version)」
「DRIP DROP (Live)」


  

Posted by bldc at 14:49Comments(0)music♪

2017年09月06日

9月のCDです♪

9月のCDです♪

今月はエイミー・ワインハウスをフィーチャーしました。
元々店長がファンではあるのですが、
先日「AMY」を観たら・・ホントに感動してしまって。
なので、今回はR&Bやソウルと言うより
ジャズ歌手として聴いてもらえたらと思います。
と言いつつ、ホントに生きざまが歌になっているので
魂(ソウル)を感じさせられます。
アデルはエイミーが居なければ
100%ギターを弾いていなかった、と。
そうなるとアデルの名曲も生まれなかったってことですね。
今回はアルバムに入れませんでしたが、
レディー・ガガもエイミーが好きで
ヘアスタイルなんかも真似ていたそうです。
エリカ・バドゥとエイミーはマーク・ロンソン
(プロデューサー&シンガーソングライター)で繋がっています。
女性シンガーばかりですが、とにかく声が良いです!




・Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス)
「Back To Black」
「Frank 」
「Lioness: Hidden Treasures」

・ADELE(アデル)
「21」

・Erykah Badu(エリカ・バドゥ)
「Baduizm」

  

Posted by bldc at 13:39Comments(0)music♪

2017年08月04日

8月のCDです♪

8月のCDです♪




今月で、お店を始めて30年になるのですが、
CDの数も色んなジャンルで1000枚近く集まりました(^^)
オープンした当時はジャズを流すことが多かったのですが、
その中でもいつしかボサノヴァのアルバムが増えました♪
ボサノヴァはジャズのカテゴリに入りがちですが、
ジャズはアメリカで生まれ、ボサノヴァはブラジル生まれで
リズム感も違いますよね。聴き流すにはボサノヴァは心地良いです♪
ボサノヴァ系のアルバムだけで今60枚近くあるので、
今月はその中から数枚ピックアップしてみました。
アントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュートアルバムをはじめ、
ルイス・ボンファ、アストラッド・ジルベルト、セルジオ・メンデス、
ベレーザ、セルソ・フォンセカ、ナラ・レオ、ヴァレリア・オリヴェイラなどなど
色んなアーティストのアルバムをランダムで!途中でまた追加もしていきます♪



  

Posted by bldc at 10:22Comments(0)music♪

2017年07月08日

7月のCDです♪

7月のCDです♪

どちらかというと空梅雨っぽいですが、
梅雨が明ければ暑さもさらに増すかと思い、
出来るだけ涼しげなアルバムを・・・選んだつもりです♪



・Everything But The Girl(エヴリシング・バット・ザ・ガール)
「Acoustic」
イギリスのアコースティックバンド。
このアルバムはシンディーローパーや
エルビスコステロなどのカバーが入っています。

・Courtney John(コートニー・ジョン)
「Made In Jamaica」
夏らしいジャケットで選んだ1枚ですが、
かつて観た映画「Chef」の
サウンドトラックにも選ばれた
Lucky Manが入ったアルバム。
爽やか系レゲエです♪

・Incognito(インコグニート)
「Surreal」
2012年のアルバム。
インコグニートはイギリスのアシッドジャズバンドですが、
ジャズだけにとどまらずファンク、R&B、ラテンのリズムと
本当にノリが良く、心地良いです(^^)

・Legend (Original Motion Picture Soundtrack)
トム・ハーディ×トム・ハーディ(双子役)主演の
「レジェンド 狂気の美学」のサウンドトラック。
映画より音楽聴き入ってしまったくらい、選曲良しです♪

・Cat Power(キャット・パワー)
「The Covers Record」よりSea of Loveをチョイス。
Sea of Loveと言えばフィル・フィリップス、原曲も良いですが
80年代に流行ったハニー・ドリッパーズのカバーも良かったですね。
名曲なのでたくさんカバーされています。聞き比べると楽しいかも♪


  

Posted by bldc at 11:57Comments(0)music♪

2017年06月09日

6月のCDです♪

6月のCDです♪

気がつけば・・・もう梅雨に入っていたのですね^^;
そんなジメジメしたこの時期は毎年爽やかな音楽・・を
チョイスしていますが、今回はそうでもないかも(笑)




・Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)
「Off the Wall」
久しぶりにMJを聴きたくて
79年のアルバムOff the Wallを。

・Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)
「Innervisions」
70年代のMJからの流れでスティービー・ワンダーの
1973年のアルバムを。それからMJとのデュエット
「Characters」からGet Itを。

・Sade(シャーデー)
「The Best Of Sade」
爽やかと言うよりむしろ真夏の暑さを想像させるような
Sadeのベストアルバム。

・Rhye(ライ)
「Woman」
ロサンゼルスを拠点とするデュオ。ボーカルのマイク・ミロシュの歌声は
まるでシャーデーを彷彿させますが・・・男性ボーカルなんです。

・Young Gun Silver Fox(ヤング・ガン・シルバー・フォックス)
「WEST END COAST」
これが今回唯一爽やかなアルバムでしょうか。
70年代のアメリカ西海岸サウンドを現代に蘇らせた
Young Gun Silver Foxのデビューアルバムです。

今月はこの5枚のアルバム+1曲、全51曲で!



  

Posted by bldc at 14:15Comments(0)music♪

2017年05月10日

5月のCDです♪

5月のCDです♪

いつも自分が好きなジャンルや
アルバムを選んでしまいがちです。
70~80年代の音楽がどうしても多くなるのですが、
今回はちょっと視点を変えて、
バンド組んでる若者に意見聞き、選びました(笑)
そんな今月のチョイスしたアルバム・アーティストは、
先月聴いたエド・シーランがなかなか良かったですし、
今の流行の音楽の中にもじゅうぶん70~80年代のテイスト、
またはそれに影響されている曲が多いなと思いました!
(そういうアーティストを選んでしまったのかもしれませんが^^;)




・Ed Sheeran(エド・シーラン)
「÷」(ディバイド)
4月のヘビロテ「+」「×」に続き、
最新アルバムのディバイドを。

・Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)
「Doo-Wops & Hooligans」
「Unorthodox Jukebox」
ハワイホノルル出身のシンガー。
Talking To the Moonは
最近CMでも流れているので
耳にした人も多いと思いますが、
Marry Youはフラッシュモブでお馴染みですね♪


・Lukas Graham(ルーカス・グラハム)
「Lukas Graham」
2016年にメジャーデビューした
デンマークコペンハーゲン出身のバンドで、
メンバー全員幼なじみ、
そして少年合唱団出身なんだとか♪

・Parachute(パラシュート)
What Side of Love(Acoustic Ver.)
2009年にメジャーデビューした
アメリカのポップ・ロックバンド。
まだまだ日本では馴染みがないようですが
このアコースティックな1曲、美しいメロディです。
実はアルバムもオーダーしているのですが、
輸入盤につき、いまだ届いておりません(笑)

今月はこのアルバム4枚とシングル1曲、50曲で!



  

Posted by bldc at 17:36Comments(0)music♪

2017年04月05日

4月のCDです♪

4月のCDです♪

4月って、フレッシュで明るいイメージですよね♪
なのでPOPなアルバムを選んでみました!





・Ed Sheeran(エド・シーラン)
「+」(プラス)
「x」(マルティプライ)
イギリスのシンガーソングライターです。
「+」でアルバムデビューし、セカンドアルバムの「x」で
英米1位、イギリスではプラチナ・ディスクに認定されています♪
I See Fireは『ホビット 竜に奪われた王国』の主題歌。

・Jamiroquai(ジャミロクワイ)
「Automaton」
「Travelling Without Moving」
こちらもイギリスのミュージシャンで、
現在はジャンルを限定しない音楽になってますが
アシッドジャズ系からスタートしたバンドです。
1996年の3ndアルバム「Travelling Without Moving」は
日本でも大ヒットしましたね~♪
そのジャミロクアイの久しぶりのニューアルバムも加えました。

今月はこのアルバム4枚、53曲で!


  

Posted by bldc at 11:32Comments(0)music♪

2017年03月07日

3月のCDです♪

3月のCDは、ちょっと旬なサントラをチョイスしました♪



アカデミー賞6部門受賞した
「La La Land」オリジナルサウンドトラック。
今回のアカデミー賞は、まさかのハプニングがあったようですが^^;
この作品は素晴らしいミュージカル映画のようですね!

・Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)
「CAN'T STOP THE FEELING! 」
今回のアカデミー賞のオープニングを飾った曲です♪

・Al Jarreau( アル・ジャロウ)
「Glow」
「Breakin' Away」
歌の魔術師と称された
アル・ジャロウが先月亡くなられました・・・。
ポップ・R&B・ジャズの3部門にまたがって
グラミー賞を獲得したすごい人なんです。
代表的なアルバム2枚をチョイスしました。

今月はこの3枚+1曲、全33曲で!




  

Posted by bldc at 10:20Comments(0)music♪

2017年02月02日

2月のCDです♪

2月のCDは・・・
MPB(ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ)で!
ブラジル音楽&ボッサです~。ちょっと春を待ちわびるイメージで♪




・Adriana Calcanhotto(アドリアーナ・カルカニョット)
「O Microbio do Samba」
ブラジルのシンガーソングライターです。
アルバムタイトル邦題は「サンバの微生物」。

・Celso Fonseca(セルソ・フォンセカ)
「Feriado」「 Natural」
ボクのお気に入りのシンガーソングライターのアルバム2枚♪
以前紹介した名曲「スローモーション・ボサ・ノヴァ」の
アコーステック・バージョンが収録されています。

・Nara Leao(ナラ・レオン)
「 Vento de Maio」
ボサノヴァ界では有名なナラ・レオンの1967年のアルバム。

以上アルバム4枚48曲で!

  

Posted by bldc at 13:48Comments(0)music♪

2017年01月05日

1月のCDです♪

2017年最初の月は、
心地よいラテン系JAZZ&ボサノヴァ音楽で♪




・Eliane Elias(イリアーヌ・イリアス)
「BOSSA NOVA STORIES」
「Made In Brazil」
ブラジル出身のジャズ・ピアニストそしてヴォーカリストです。
ボサノバ界のダイアナ・クラールといったところでしょうか。

・Toco(トコ)
「Instalaçao do Samba」
「Memoria」
ブラジリアン・ソングライターそしてギタリスト。
こちらのアーティストもブラジル出身です。

それぞれアルバム2枚ずつ、46曲3時間で♪



  

Posted by bldc at 16:29Comments(0)music♪

2016年12月02日

12月のCDです♪

12月のCDです。
とうとう今年もラストひと月ですね!早いっ(汗)
なんとなく気持ちも身体もせわしないひと月ですので
静かでもなく賑やかでもない、でも心地よい、
そんな音楽を集めてみました。
ニューエイジ寄りのライトジャズなアルバム5枚です。




・Madeleine Peyroux(マデリン・ペルー)
「Careless Love」
アメリカ出身ですがフランスで
ストリートミュージシャンをしていた
マデリン・ペルーのセカンドアルバムです。

・Michel Camilo&tomatito(ミシェル・カミロ&トマティート)
「SPAIN FOREVER」
ドミニカ共和国出身のジャズ・ピアニスト、ミシェル・カミロと
フラメンコ・ギタリスト、トマティートのコラボアルバムです。
お店ではトマティート4枚目のアルバムです。カッコいいです♪

・Monday満ちる
「MONDAY満ちる FREE SOUL COLLECTION」
日系アメリカ人のシンガーソングライターです。
父親はアメリカ人でアルトサックス奏者、母親は日本人でピアニスト。

・Stacey Kent(ステイシー・ケント)
「Breakfast On the Morning Tram」
ロンドンを拠点に活躍するアメリカ出身の女性ジャズヴォーカリスト。

・青木カレン
「Eternal Melody」
日本のジャズヴォーカリストです。カバーアルバムになっていますが、
意外とみなさんNever Againという曲は知っているかも♪
ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち」の挿入曲でした。


以上5枚のアルバム全66曲で!





  

Posted by bldc at 16:57Comments(0)music♪